タグ:島根県

  • 「鷹の爪団の自虐カレンダー2018今年もやります!

    毎年恒例!とうとう7年目に突入! ”自虐”の本家・鷹の爪団の自虐カレンダーが今年も発売。 2018年の壁掛け版は、島根・鳥取の、どっちもどっちな山陰2県をまとめて自虐する「島根と鳥取ダブル自虐カレンダー2018」…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 尼子氏を中心に地域と国家の対立に迫った、類書の少ない出雲の中世史『出雲の中世 地域と国家のはざま』

    尼子氏を中心に地域と国家の対立に迫った、類書の少ない出雲の中世史です。 著者は、古代出雲歴史博物館等に勤務され、山陰での知名度は高い方です。 出雲といえば古代のイメージが強いが、まぎれもなく「中世」という…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 山陰鉄道シリーズ第6弾『木次線写真集』

    神話の里、奥出雲を往来する、山吹色の天上線 。 JR木次線は、山陰本線宍道駅から、雲南市、奥出雲町を横断し、中国山地を越えて芸備線の備後落合に至る81.9kmの支線です。 平成10年(1998)には、トロッコ列車…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 【第3回島根本大賞 受賞】写真集『山陰絶景』

    第3回島根本大賞 受賞 山陰を知っているあなたにも 山陰を知らないあなたにも 全ての方へ絶景の贈り物です。 鳥取県、島根県の美しい絶景写真を掲載した写真集「山陰絶景」。 掲載写真の中には無人航空機ドロー…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 「出雲」発の人びとの移動の歴史を足で辿る『出雲を原郷とする人たち』

    「出雲」発の人びとの移動の歴史を足で辿る、異色の移住・文化史 出雲文化の広がりを知る 「出雲出身の著者が、全国にある出雲の名がついた地名、神社を訪ね歩き、なぜそこに出雲があるのかを、その土地の人びとからの取材、言…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 本屋さんと図書館が選ぶ“松江本”

    島根県立図書館との共同展示を 島根県書店商業組合組合員として、今回、今井書店グループセンター店がすることになりました。 図書館と書店のスタッフが、それぞれ大好きな松江に関する本を集めました。 POPづくりの違いにも…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 次の首都は、鳥取県。今井書店限定特典あり!『四十七大戦 1』

    次の首都は、鳥取県。 いまだかつて、「鳥取県」が主役を張るコミックがあったでしょうか!? 各所でひっそりと(!?)、しかし熱く熱く話題になっていた『四十七大戦 1』がいよいよコミックスとして発売です! …
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 「ばたでん」の日常風景 『一畑電車写真集』

    神々の国に往年の車両が集う「ばたでん」の日常風景 「ばたでん」の愛称で知られる一畑電車は、島根県出雲市と松江市を結ぶ私鉄ローカル線です。 宍道湖沿いを走り、築地松がそびえる田園風景の中を駆け抜けるのは、元東京急行…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • タモリさんといっしょに島根を歩こう 『ブラタモリ4巻 松江 出雲 軽井沢 博多・福岡』

    旅が何倍も楽しくなる!NHK『ブラタモリ』待望の書籍化! いよいよ、お待ちかねの「松江」「出雲」が登場ですよ!タモリさんの博識を今度は本で楽しめますよ~ ◆国宝松江城の城下町は どうつくられた? 平成27年に国宝に…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 出雲世界を味わう最高のガイド!『古代出雲を歩く』平野芳英

    出雲を歩き尽くした荒神谷博物館・著者による 神話世界と現実、出雲世界を味わう最高のガイド! 「神話と祭祀のくに」出雲には、古代の息吹を伝えるリアルもあふれる。 各地に残る初期の信仰形態をとどめる石神(磐座)、ス…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
ページ上部へ戻る