出雲世界を味わう最高のガイド!『古代出雲を歩く』平野芳英

出雲を歩き尽くした荒神谷博物館・著者による
神話世界と現実、出雲世界を味わう最高のガイド!

「神話と祭祀のくに」出雲には、古代の息吹を伝えるリアルもあふれる。
各地に残る初期の信仰形態をとどめる石神(磐座)、スダジイの木に巻きつく巨大な藁蛇、海藻で悪穢をはらう藻汐祓。
熊野大社、出雲大社をはじめとする神社の数々。
宍道湖をとりまく四つのルートを歩き、古代世界にどっぷりと浸ってみたい。

島根県の隔離に鎮座する神社や遺跡をめぐる中、立ち上がる神話の薫り。
現代版“出雲国風土記”、ここに誕生!

著者は、「島根県八雲立つ風土記の丘」勤務を経て、荒神谷博物館に主席学芸員として勤務。
現在は同館副館長。NPO法人出雲岳研究所理事。
主要書籍には『石神さんを訪ねて 出雲の巨石信仰』、地元セミナー等で活躍中。

古代出雲200

■古代出雲を歩く
著者: 平野芳英
出版社: 岩波書店
価格: ¥900(税別)
ISBN: 9784004316121
発売日: 2016年7月23日頃入荷

————-< ご注文 >————-

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

お電話番号 (必須)

ご住所 (必須)

書名
『古代出雲を歩く』 平野芳英 岩波書店 ¥900(税別) ISBN:978400431612

数量

お受取りご希望店舗 (必須)

備考

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る