本の森大賞決定!第23回「いやされる本」。

毎回1つのテーマについてみんなのおすすめ本を募集し、1つの棚を作り上げている「本の森プロジェクト」。

その中から特にコメントや本が素敵だったものについて、毎回1名様を「本の森大賞」として発表させていただいております。
第23回のテーマは「いやされる本」。
昔からある懐かしの本から最近の話題作まで、色々なジャンルの「いやし」本が集まりました。ご参加いただいた皆様、本当にありがとうございました!
そして今回、本の森大賞に選ばせていただいたのがこちら!

第23回本の森大賞 画像④
************************************
★Kさん 主婦 38歳
おすすめの本:『パンやのくまさん』(フィービ・ウォージントン/さく・え セルビ・ウォージントン/さく・え まさきるりこ/やく著)
おすすめコメント:子供への読み聞かせで出会いました。読む度に、こんな風に生活してみたいな、とか、パンやのくまさんに会いたいなとか思って、何度でも読みたくなります。親も子もいやされると思います。おススメです!
*****************************************

木の葉カードからはみ出てしまうほどの思いあふれるコメントに、こちらがいやされてしまいました!
かわいいくまのパンやさんに、おとなもこどももほっこりする絵本です。
そして残念ながら大賞には選ばれなかったのですが、
素敵なコメントをいただいた作品をもう一冊ご紹介いたします。

第23回本の森大賞 画像②
*************************************
☆いちのめ さん 36歳
おすすめの本:『今日も一日きみを見てた』(角田光代 著)
おすすめコメント: 尊敬する漫画家さんから突然「猫ほしい?」と聞かれ、「欲しいです!」と即答してしまった“犬派”な角田光代さんのエッセイ。はじめての猫にワクワクしながらも、作家らしい冷静さで書かれる日常と、最後に明かされる“猫をくれた理由”にいやされるすてきな一冊。
************************************
本の帯にもしたいぐらい、きれいな整った文章にひかれました。気持ちよさそうに熟睡する表紙の猫に、このコメントを添えてみると、本当に「いやされる」光景になりました。

第23回本の森大賞 画像①
そして、ただいま第24回テーマのおすすめ本を募集中です!

第24回募集テーマ:「大冒険したくなる本」

もうすぐ始まる夏休み。この季節、見知らぬ世界への「冒険」を夢見たくなりませんか?
今回は、そんな心をワクワクさせてくれる「冒険」の本を募集します。ぜひぜひ教えてくださいね。

募集期間:募集中~8月31日(水)
場所:本の学校今井ブックセンター1階「本の森」コーナー
⇒ご参加いただきますと、8/1(月)から9/30(金)まで、本の森コーナーにておすすめしていただいた本と一緒にコメントをご紹介させていただきます。
どうぞお気軽にご参加ください!お待ちしております!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ランキングについて

システム変更中のため、7月中はランキングの表示を休止いたします。

ページ上部へ戻る