お待たせしました!髙田郁さん新刊『蓮花の契り 出世花』発売です

「みをつくし料理帖」シリーズでおなじみ高田郁さんの書き下ろし新刊『蓮花の契り 出世花』が入荷しました!
2014年11月に本の学校で行われたトークイベントでも少しお話されていた、デビュー作『出世花』の続編であり、完結編です。

山陰にもファンが多い高田郁さんの待ちに待った新刊です。
早く読みたい!でももったいないから少しずつ読みたい!そんな声が聞こえてきそうです。(^^)


renkanochigiri下落合にある墓寺・青泉寺で、亡くなった父が弔われる姿に感銘をうけたお艶は「縁」という新しい名前を授かり、「三昧(さんまい)聖(ひじり)」として湯灌場に立っていた。
ある日、桜花堂の仙太郎から、暫くのあいだ縁を預かりたいとの申し出があった。
実母お香の居る桜花堂で暮らし、町娘として生きるのか、三昧聖としての人生を全うするのか、岐路を迎えて縁は悩む。
おりしも文化四年、八月。永代橋で大事故が起こり、縁もこれに巻き込まれる。
果たして、縁はどんな人生を選ぶのか。複雑に絡まりあった母と子の運命は!?
感動の物語が堂々の完結!!

■蓮花の契り 出世花
著者: 高田郁
出版社: 角川春樹事務所
価格: ¥600(税別)
ISBN: 9784758439107
発売日: 2015年6月

————-< ご注文 >————-

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

お電話番号 (必須)

ご住所 (必須)

書名
『蓮花の契り 出世花』(文庫) 高田郁 角川春樹事務所 ¥600(税別) ISBN:9784758439107

数量

お受取りご希望店舗 (必須)

備考

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ランキングについて

システム変更中のため、7月中はランキングの表示を休止いたします。

ページ上部へ戻る