思い返すと抱きしめたくなる時代 小手鞠るいの青春小説

『エンキョリレンアイ』など切ない恋愛小説で人気の小手鞠るいさん。
2014年に出版された『アップルソング』は人間の罪、戦争や平和を女性報道カメラマンを主人公に描き、新境地を開きました。
今回の新作は、文庫書き下ろしで高校の演劇部が舞台です。

岡山の高校。読書と孤独と空想と妄想が好きなカオは、友人のマミから演劇部に誘われます。
チェーホフの「カモメ」を題材にした脚本を書くことになったカオは、6人の仲間とともに舞台の成功を目指し、悩みながらも突き進んで行きます。

私も早速読みましたが、読みながらビリビリしました。
こんなにページから溢れ出る熱量を感じたのはいつ振りでしょう。
目の前のものに本気で、しかも真っ直ぐに熱くなれる「青春」が、全部のページからほとばしっています。
泣き顔も苦しみも笑顔も凝縮された、濃密な時代。
傷ついたり傷つけられたり――
決して戻りたくないけど、抱きしめたくなる時代
胸がぎゅっとなる作品です。

■素足の季節
著者: 小手鞠るい
出版社: 角川春樹事務所
価格: ¥620(税別)
ISBN: 9784758438681
発売日: 2015年1月

————-< ご注文 >————-

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

お電話番号 (必須)

ご住所 (必須)

書名
『素足の季節』(文庫) 小手鞠るい 角川春樹事務所 ¥620(税別) ISBN:9784758438681

数量

お受取りご希望店舗 (必須)

備考

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ランキングについて

システム変更中のため、7月中はランキングの表示を休止いたします。

ページ上部へ戻る