新感覚の警察小説登場!!『警視庁監察室 ネメシスの微笑』

またまた新しい警察小説を発見しました!!
「今野敏氏推薦!!」との帯に惹かれついつい手に取って
しまいました。
タイトルは「警視庁監察室 ネメシスの微笑」
著者は、中谷航太郎さんです。

最近の警察小説は「監察」というキーワードも
増えてきているようです。
「警察官」を取り締まる「監察官」が主人公。

警視庁高井戸署に勤務する新海真人は、たった一人の
身内である妹をある事故によって喪った。
妹は、一緒にいた大学生の友人たちに薬物を飲まされ、
死に至ったという疑いが持たれていた。
しかし彼らは罪に問われることはなく、事故死として
片づけられていた。

妹を喪った新海は、その大学生たちに復讐するのではないかと
疑われ監察にマークされるようになる。

一方、監視対象の新海に異常なまでの関心を寄せる監察官がいた。
警視庁監察室室長・秋月雅子だ。
秋月は、長年監察官を務めている部下の一人を新海に張り付かせ、
逐一報告をあげさせていた。
秋月もまた、心の中に強い復讐心を抱いていたのだ。

そんな中、事件が起きる!
新海はしつこい監察のマークをかわし、秘かに妹に薬物を
飲ませた大学生たちを見張っていた。
その日も同じように様子をうかがっていると、大学生の
仲間の一人、金持ちのお坊ちゃまの家に救急車両と警察車両が
多数留まっていることに気づく。

4人もの男女が何者かに襲撃されたのだ!
事件の詳細を知った新海の心に不安がよぎった・・・。

妹の事件の真相を探る兄の悲しみ。
そして高まる復讐心。
監察室室長の心の闇。
二つの心が共鳴し始める・・・。

新海と秋月、この物語のクライマックスに出会う二人。
それは「最悪」の始まりかも知れない。

「復讐」という形で繋がれる、新たな警察小説。
今後一体どんな展開を見せるのか?

不穏な期待が高まる!!!!

『警視庁観察室 ネメシスの微笑』
著者:中谷航太郎
出版社:KADOKAWA(文庫)
価格:¥520(税別)

現在と過去が交差する警察ミステリー「警視庁53(ゴーサン)教場」

人気シリーズの女性刑事・原麻希が活躍する警察小説、
東京湾が舞台の「東京水上警察」シリーズなどを
描く、吉川英梨さんの新作は、「警視庁53教場」。

警察学校の教官が亡くなった事件を捜査する刑事は、
その教官の同期だった。
謎多きその事件は過去の事件に繋がっているのか?

過去の教場での出来事が、現在の事件の捜査と
交互に描かれた警察ミステリー。

警察学校教官・守村が首吊り死体で発見された。
警視庁捜査一課の五味刑事は、府中署の女性刑事・
瀬山とともに捜査を開始する。

瀬山から見せられた事件現場の写真を詳細に
調べた五味は、自殺ではなく巧妙に仕組まれた
他殺だと判断する。

そして二人は、府中にある警察学校で聞き込みに回る。
その警察学校には、警察学校時代同期だった高杉がいた。
高杉と再会した五味は、複雑な想いにとらわれる。
首吊り死体で発見された守村もまた彼らと同期だった。

五味、高杉、守村らは、学校時代小倉教場でともに学んだ。
五味は、小倉教官に「学べ。お前は人間力で言えば
教場一の落ちこぼれだ。」と言われたことが忘れられない。
また、五味は教場は違うが、同期の女性に心を奪われていた。
そんな中、同じ教場の仲間が自殺を図った・・・。

五味と瀬山は、教場時代に起こったその自殺
事件との関連を疑うが・・・。

五味は、死別した妻の忘れ形見である娘の存在に
支えられながら刑事を続けていた。

五味の教場時代の苦悩と葛藤が痛々しい。
優秀な刑事に成長したが、妻を失ったことで
心は空っぽだ。

警察ミステリーでありながら、刑事たちの
若き青春時代に触れている。
刑事になることの厳しさ、人間としての成長
切なく苦しい時代を生き抜いてきたものたちの物語だ。

ドラマチックであり、謎解きの醍醐味も味わえる感動ものの警察小説。

『警視庁53(ゴーサン)教場』
著者:吉川英梨
出版社:KADOKAWA(文庫)
価格:¥720(税別)

思わず息をのむラスト!「放課後に死者は戻る」

タイトルとイラストに惹かれて手に取ってみました。
秋吉理香子さんの「放課後に死者は戻る」。
ちょっと不穏なタイトルなんですが・・・・。

映画化された「暗黒女子」続く学園もので、
主人公は男子生徒です。

ある日目覚めると、知らない人たちが知らない名前で
僕に必至で呼びかけていた。
一体何が起こっているんだ?
まわりを見ると、白衣の男性や女性。
どうも病院らしい・・・・。

でもなんで僕は全く別人の名前で呼ばれているの?
鏡を見た僕は愕然とした。
鏡に写っているのはオタクのダサい顔じゃなく、ものすごく
ハンサムな男の子だった。

そして、思い出した!僕はある日教室の机に入っていた
手紙で呼び出され、崖から突き落とされたのだ。
その時、僕を助けようとし巻き添えになった美形の男の子の顔と
同じ顔だった。

そうか・・・彼と入れ替わってしまったのか・・。
じゃあ、僕は死んでしまったってこと・・・?

状況を把握した僕は、無性に腹が立ってきた。
なぜ僕は殺されなければならなかったのか!?
誰が僕を殺したのか?

退院した僕は、元いたクラスに転校し、入れ替わった
姿で犯人捜しを始めた。
動き始めた僕に誰かが警告を始めた。

華やかなイケメンとしてクラスメイトに接する僕。
オタクでダサかった僕には誰も声をかけてくれなかったのに・・。
こうして接するとみな良い奴に思えてくる。
でもこの中に僕を殺したやつがいる・・・。

スクールカーストの中で、自分自身の居場所を
必死で探す高校生たち。
そんな高校生たちの生き方を読んでいると
切なくなる。
青春ってみな等しくあると思っているのに
今の高校生たちは自分らしく生きることが出来ないのか?

そんな思いを抱きながら読み進めていくと、謎解きの過程もスリル満点だ。
ギリギリまで僕を悩まさせる謎の警告者。
美青年にからむクラスで浮いてる女の子。
そして、オタクで仲の良かったたった一人の親友。

彼らがどう交差してゆくのか?
ラストに明かされる真実に思わず涙、そして息を呑む展開に!
切なさの先にある希望の余韻が心に残る青春ミステリー。

『放課後に死者は戻る』
著者:秋吉理香子
出版社:双葉社(文庫)
価格:¥593(税別)

婚活の陰にミステリーあり!「婚活中毒」

「暗黒女子」で話題を集めた、秋吉理香子さんの最新刊
「婚活中毒」を読みました。

幸せを求める「婚活」・・・。
しかしそこには恐るべき「罠」もある!?

「婚活」をテーマにした4編の短編は、まさに「秋吉流」と言っても
過言ではない。幸福という「幻」を追い求める人間の悲哀をシニカルに
抉った傑作短編。

結婚相談所で紹介された、自分にとっては「理想の男」。
どうしてこんな素敵な人が独身なの・・・?
二人は急接近したが、女性の方はこの疑問が気になり、
男性の過去を調べると・・・・彼の周りでは何人もの
女性が亡くなっていた!
彼は連続殺人犯なの!?

街コンで出会った美しい女性。
本のマニュアル通りアタックし、つきあうことに。
だが、つき合いはじめると彼女は暴走を始める。
困った男性はある行動に出るが・・・・。

テレビの「婚活番組」で、理想の男性に出会った
女性。何が何でも絶対に落したい。
彼女の秘策「婚活ツール」とは!?

30代中盤になる息子の代理婚活を始めた熟年夫婦は、
息子に理想の相手を見つける。だが、父親の方は、
相手の母親に心を奪われてしまった・・。
嘘に嘘を重ねる父親は?

婚活の陰にミステリーあり・・・。
思わず血の気が引くラストにドッキリ!

『婚活中毒』
著者:秋吉理香子
出版社:実業之日本社
価格:¥1,300(税別)

安積班の原点!東京湾臨海署安積班シリーズ最新作「道標」

2018年最初に読んだ作品は、今野敏先生の
東京湾臨海署安積班シリーズ最新作です。
タイトルは「道標」。今回は短編集です。

若き安積剛志の姿が初々しく描かれています。

安積班シリーズはこの最新作で17作目になる。
この作品で初めて安積剛志刑事が、なぜ誰からも信頼を置かれる
刑事に成長したのかが描かれていて新鮮だ。

安積は、刑事になりたくて警察官になった。
明確な目標のもと刑事を目指す安積の教場時代、
交通機動隊隊長の速水と同期で、教場時代の二人の出会い、
柔道の試合でのエピソードが素晴らしい。

卒配で中央署地域課に配属になった安積は、俗にいう
お巡りさんとして地域を巡回し小さな揉め事を
処理してゆく過程で一人の青年と出会う。
その青年との触れ合いに安積の誠実さと優しさが
あふれている。刑事を切実に希望する安積に
上司が仕掛けた「罠」を見事にかわした安積の心意気が
かっこ良すぎる!

安積が刑事になって初めての大きな事件は、強盗犯の
潜伏先へのウチコミ(家宅捜索)だった。
安積は、先輩刑事・三国とコンビを組むことになるが、
三国は安積の異動について少し斜に構えていた。
その理由を安積に聞かれとまどった。
しかし、安積のまっすぐさと屈託ない態度に
三国は安積を見直すようになる・・・。

この3編は、安積が刑事時代、先輩や周りの人たちから教えられた
ことを吸収し、一人前の刑事に成長してゆく過程が描かれている。
しかし、それだけではなく、安積の清らかさは、
先輩刑事の心を動かし、周囲を変えてゆく力を持っている。

やがて班長として班をまとめてゆく安積だが、
常にこれで良いのかと問う。
仲間たちは、そんな安積とともに仕事ができる
ことを嬉しく思っている。

そして鑑識の石倉係長が、安積班から依頼された調査を
真っ先に行うその理由もこの短編集で明かしている。

まさに、心に熱い刑事魂を持つ安積刑事の出来るまでが
様々なエピソードで描かれ、ファンにはたまらない1冊。

新しい年の初めに気持ちが晴れ晴れする作品を読んだ!
今年は良いことがあるかも!

『東京湾臨海署安積班 道標』
著者:今野敏
出版社:角川春樹事務所
価格:¥1,600(税別)

心に沁みる時代ミステリー「空蝉の夢」

「このミス」大賞優秀賞受賞作「京の縁結び 縁見屋の娘」
でデビューした三好昌子さんの受賞後第2弾が発売されました。

「京の絵草子屋満天堂 空蝉の夢」です。
江戸時代の京都を舞台に描かれた、味わい深いミステリー作品。

ある事件を契機に、故郷を離れ一人大阪にやってきた侍。
戯作者・上田秋成と出会い、不思議な体験をする。
名をかたらぬ侍をみた秋成は、月夜乃行馬と名を与えた。

新たな名で生きる決心をした行馬は、秋成の紹介で
京都の絵草紙屋、満天堂書林で京の名所図会を執筆
することになった。
その図絵は人気を呼び、満天堂書林から新作を
依頼される。挿絵に紹介されたのが、女絵師・
冬芽だった。行馬は冬芽の描く美しく哀切に満ち溢れた
絵に惹かれてゆく・・・。

同じ頃、行馬の仲間だった侍たちが、行馬が持っている
はずの妖刀を振るう辻斬りに遭ったとの知らせが入る。

行馬は故郷を捨てたとき、二度と刀には触れるまいと
心に決め封印した。だが、確かめてみると刀はすり替えられていた・・・。
だれが何のために・・・?

行馬は、己の過去にあらためて向き合い、ある事件の真実を
明らかにする決心を固める。

それは、京で新たに出会った大切な人を守る意味もあった!

心に深い闇を持つ、月夜乃行馬。故郷を捨て、侍も捨て
再生を誓うが、彼の過去とその周囲はそれを許さない。
その苦悩が京を舞台に、しっとりと描かれていてとても落ち着いた雰囲気がある。

行馬には何が起こり、なぜ刀を捨てることになったのか?
その真相が、京で出会った人々に危機が及び始めた時
次第に判明してくる。

物語の紡ぎ方が工夫されていて、行馬と周りの人はどうなる?
と先の展開が気になって仕方がない。
いっきに読みあげたいという思いと、もっとこの作品を味わっていたい
という思いの狭間・・・。味わうように読んだ。

京の情緒あふれる、時代ミステリーロマン。

『京の絵草子屋 満天堂 空蝉の夢』
著者:三好昌子
出版社:宝島社(文庫)
価格:¥650(税別)

八咫烏シリーズ6第1部完結編「弥栄の烏」に感動。

シリーズを重ねる都度、面白さが増す阿部智里さんの
「八咫烏」シリーズ。
最新作「弥栄の烏」は、6作目で第1部完結編となる物語。

「弥栄の烏」は、人間の志帆が山神を育ててゆく
過程が描かれた前作「玉依姫」の対となる作品。
山内側の八咫烏の視点から描かれた物語。

2作を読むことによって、前作「玉依姫」と
「弥栄の烏」に共通する‘謎’の解明が為されている。

かつてないほどの大地の震動で、山内は崩れそうになった。
そんな時、大猿に呼び出された若宮は、山神のもとへと連れてゆかれる。
恐怖に怯えながら進んでゆくと、醜い化け物が現れた。
人間の女の血肉をむさぼっている姿は、もはや山神とは程遠い。

大地震の恐怖に縛られ、山神に服従を余儀なくされた若宮。
結界のほころびを修復したり、山神のもとへ呼び出されたり
と多忙を極め、日に日に弱くなっていった。
ある日、山神の化け物から、御供の世話を押し付けられる。
御供とは、捧げもの意味。それは人間の女性だった。
志帆という名の若い女。若宮は必死に面倒を見ていたが、
突然いなくなってしまう。
怒り狂った山神の化け物は、さらなる大地震を引き起こした!
神域を守っていた山内の戦闘員の何人かか犠牲になってしまった。

悲しみに打ちひしがれる、若宮の参謀・雪哉たち。
その中でも、雪哉は猿たちに向け憎悪の炎を燃やした・・・。

山神の化け物のせいで、山内は危険な状態に陥った。
早く手を打たねば、八咫烏の異世界は崩壊する・・・。
金烏である若宮は、金烏の記憶が全く戻らず憔悴していた。

山内を守る若宮。山内の危機を知り、必死で若宮の
記憶を調べる、天狗の長、そして山神の化け物を慈しみ
育てる人間の女性・志帆。
山神は山神らしく清らかなものへと変化する。

八咫烏の異世界を通して、人間界に語られるメッセージ。
善悪が表裏一体となって描かれる。
若宮の苦悩、金烏としての責任。妻への思い。
そのはざまで揺れる姿。
愛する仲間を奪われ、復讐に囚われる雪哉。

第1部完結編となる本書は、胸が張り裂けそうになる
真実と心穏やかなクライマックスが癒しを与えてくれる、
まさに‘完結’にふさわしい終結を見た。

第2部のスタートが待ち遠しい。

『弥栄の烏』
著者:阿部智里
出版社:文藝春秋
価格:¥1,500

傑作の映画ノベライズ「22年目の告白」

先日、作家の浜口倫太郎さんが、今井書店各店に
ご来店されました。
はまさきも少しお話をさせて頂き、とても熱心な
作家さんだな感じました。

それで前から気になっていた「22年目の告白
私が殺人犯です」を読みました。

藤原竜也さん、伊藤英明さん主演の映画
「22年目の告白~私が殺人犯です~」の
映画ノベライズです。

映画ノベライズは、小説とは違い映像化されたものを
小説にした作品です。小説を原作にしたものより
少し話題性を欠いてしまいますが、この作品は
映画が終わってもずっと売れ続けているようです。
その魅力は何だろうと思いました。

弱小出版社に勤める女性編集者がある日、絶世の
美男子から、知り合いが描いた作品を読んで欲しい
とゲラを手渡された。

読み進めてゆくと次第にトリハダが・・・
そこには7年前に時効が成立した連続殺人事件の
犯人しか知りえない事が描かれていた。

これは犯人の告白本だ!そして男は恐ろしいことを告げる。
自分が殺人犯だと・・・・。
連続殺人犯の告白本など出版出来ない・・・・。
しかし、この本には何かがある・・・。
そのはざまで女性編集者は揺れるが社長は大乗り気だ。
男は本を売るためなら何でもすると言う。
男と社長の強力な説得で出版することを決める。
犯人はとても連続殺人を犯したような男には見えない。
紳士で知的でそして絶世の美男子。
絶対に売れると誰もが思った。
そしてその本が発売されるやいなや、熱狂的な
支持者が現れ、殺人の告白本は売れに売れた。

しかしサイン会会場で、男は遺族に襲われる・・・。

ノベライズでありながら、キャラクターの心理が
丁寧に描いてあり、編集者の苦悩や、遺族の激しい怒り、
復讐心など映画を観ていなくても心に沁みてくる。
テンポの良い小説を読んでいるような感じだ。

途中で事件真相はわかってしまうが、それほど気にならない。
大切なものを奪われた人たちが苦しみと悲しみからいかに
それを乗り越え、新たな道を踏み出すか。
著者の思いがそこへ注がれているからだ。
クライマックスを読んでいると自然に涙がこぼれてきた。

映画は観ていないが、このノベライズを読んだら
とても観たくなってきた。

『22年目の告白 私が殺人犯です』
著者:浜口倫太郎
出版社:講談社(文庫)
価格:¥660(税別)

デビュー作で年末ミステリランキング3冠達成!「屍人荘の殺人」

今年、第27回鮎川哲也賞を受賞した今村昌弘さんの
「屍人荘の殺人」(東京創元社)が
「このミステリーがすごい2018年版(宝島社」、
「週刊文春2017年ミステリーベスト10」(文藝春秋)
「2018 本格ミステリベスト10」(原書房)
この3つのランキングで1位を獲得しました!
デビュー作の3冠達成は、前代未聞の快挙です。

神紅大学に学ぶミステリ愛好会会員・葉村譲は、
同じ大学の先輩である、ミステリ愛好会会長で
「神紅のホームズ」と異名をとる、明智恭介と
ともに、神紅大学の探偵少女・剣崎比留子を
介して、映画研究部の夏合宿に参加した。

しかし、映画研究会の夏合宿は研究会と言いながら
合コンの要素が強く、毎年小さな事件を起こしていたようだ。
そして、この夏も男女13人が参加していた。

皆が集まり、バーベキューで宴会を始めようとした頃、
そこにいた誰もが目を疑うような光景が迫ってきたのだ!

信じられない光景に全員がパニックに陥った。
冷静さを取り戻したのは探偵少女だ。
すぐに全員を合宿所に誘導し、入口をふさいだ!!

かつてないクローズドサークルで起こる連続殺人事件。
閉じ込められた中で合宿参加者たちが次々と殺害される。
一体誰が?何の目的で?・・・。
参加者たちは殺される恐怖と、合宿所の外で繰り広げられる
おぞましい状況の2重の死の危険に苦しむことになるのだ。

新本格に斬新な設定が施され、今までの新本格ミステリーでは
感じたことのなかった、凄まじいほどの衝撃展開が
読者を待ち受ける。

3冠達成も納得のミステリー作品だ。

『屍人荘の殺人』
著者:今村昌弘
出版社:東京創元社
価格:¥1,700(税別)

シリーズ最高傑作「機龍警察」第5弾「狼眼殺手」

至近未来警察小説の傑作「機龍警察」シリーズ。
第5弾は「「狼眼殺手」だ。
ただならぬ気配をにじませたタイトル。

いったいどんな展開なのか?

経産省が中国と共同で推し進めているプロジェクト「クイアコン」。
巨大プロジェクトの利権目当てに様々な人間が絡む。
そして、その関係者たちが次々と殺害された。

特捜部の沖津部長は、警視庁の上層部から、事件の捜査を
依頼される。だが以外にも捜査一課・二課との合同捜査だった。

特捜部と刑事部との確執は根深い。
しかし今回の事件はすべての力を結集しなければ解決を見ない。
利権と殺人事件、何が何でも解決しなければならない事件だ。

だが、警察をあざ笑うかのように謎の暗殺者は殺害を繰り返す。
特捜部でも暗殺者の正体をつかむことが困難だった・・・。

ところが、特捜部のライザ・ラードナー警部は暗殺者が
誰なのか掴む。それはライザと同じテロリストで、
「狼」と呼ばれる最強の戦士だった女。

特捜部では彼女をとらえ、敵の正体を暴くつもりだったが、
ライザをもってしても困難だった。

そして特捜部は内部でも疑心暗鬼が生まれていた。
城木と宮近の眼に見えぬ対立。またクールな
沖津の動揺・・・。
さらに沖津にも重すぎる「機龍兵」の重大な秘密。

様々な事件、人間関係、警察内部の軋轢が特捜部・
沖津を襲う。
かつてない重責に内部崩壊寸前の特捜部だった。

只一人、「狼」との死闘でライザは何かを掴む。
自分自身を変える何かだ。それは鈴石主任との
関係であった。

深い闇の中をさまようような今回のストーリーの
中で一点、希望が持てるライザと鈴石。

彼らに、特捜部に未来は何をもたらすのか?

月村氏の心の叫びがシリーズ最高傑作を作り上げた。
「このミステリーがすごい2018年版」国内編第3位に
輝く警察小説の極致。

『機龍警察 狼眼殺手』
著者:月村了衛
出版社:早川書房
価格:¥1,900