折原一ワールドが堪能出来る「異人たちの館」

2018年本屋大賞「超発掘本!」に選ばれた
折原一さんの「異人たちの館」。
著者自身も「マイベスト本」としてこの
「異人たちの館」をあげられるほど思い入れのある作品。
一昨年、第3次文庫として文藝春秋から発売。
長い間の品切れ状態からやっと復刊されました。

これをきっかけに読んでみました。

富士の樹海に消えた息子・淳の伝記を書いてほしいと、富豪の
母親から依頼された、ゴーストライター専門の作家・島崎。
調査費用ほか、金額に糸目はつけないという言葉に伝記を
書くことを承諾した。

淳は、8歳の時児童文学賞を受賞した天才少年。
子どもの頃から本気でミステリー作家を目指した
逸材だった。
美少年でありながら、暗い翳りを持つ淳は、
幼稚園の頃からいじめられていた過去を持つ。

母親から託された淳に関する膨大な資料を読み漁り、
関係者に取材し淳の足跡をたどり続けて行くうちに
島崎は、淳の伝記を書くことに興奮を覚える・・・。

しかし、伝記の調査がすすみ、淳の真実の姿に
迫っていく中、島崎は自分の周囲で何者かに
見張られていることに気づく・・・。
背が高く、まるで「異人」のような男。
一体彼は何者なのか?

文中で度々登場する男の不気味な「モノローグ」。
そして、淳が書いたと思われる作中の「ミステリー小説」。

どこまでが現実で、どこまでがフェイクなのか?
モノローグの男は誰なのか?

読み進めているはずなのに、先に進まない焦燥感。
その時、読者はすでに折原ワールドの罠にはまっているのだ!

日本ミステリー界で、この著者にしか描けない独特の世界観。
はまったら二度と脱出できない!最狂のミステリー。

『異人たちの館』
著者:折原一
出版社:文藝春秋(文庫)
価格:¥1,200(税別)

「孤狼の血」続編!「凶犬の眼」は心に沁みる傑作。

柚月裕子さんの小説「孤狼の血」が映画化され、
公開日が(5/12)に迫っています。
ハマサキも観に行くつもりです!!
ものすごく楽しみです。
その「孤狼の血」の続編が発売されました。
「孤狼の血」で熱い刑事・大上の部下だった
日岡刑事が主人公の「凶犬の眼」です。

前作で、主人公だった呉原東署の暴力団係班長・
大上の遺志を継いだ、日岡刑事だったが、
暴力団の抗争事件で、日岡が上層部の意向に背いた
ため、比場郡城山町の山奥の駐在所に飛ばされてしまう。

平和でのどかな村の駐在所。そこでの穏やかな日々
に虚しさを感じている頃、懇意にしている
ヤクザから建設会社の社長として紹介された男が、
敵対するヤクザの組長を暗殺したとして指名手配に
なっている男だと気づく。

日岡は、逃亡中のこの男を逮捕したら、刑事として
現場復帰できるかも知れないと目論むが、男から
「もう少し時間がほしい、やることやったら、あんたに
手錠をはめさせたる」と言われる。
日岡の心のうちなどすでに見透かされていた。
大上を思い出させるこの男になぜか惹かれる日岡。
男を信じてみようと思うのだった。
そして、日岡の決意が男の心を動かしてゆく。

前作では大上班長が絡む、ヤクザ同士の激しい攻防の
中に否応なく巻き込まれていく日岡が描かれていたが、
今作は日岡の成長と男との絆、昔気質のヤクザの生き方が
描かれる。

男たちの生き様が心に沁みる、警察小説の傑作!

『凶犬の眼』
著者:柚月裕子
出版社:KADOKAWA
価格:¥1,600(税別)

悪徳弁護士・御子柴シリーズ第4弾「悪徳の輪舞曲(ロンド)」

「贖罪の奏鳴曲」で主人公・御子柴礼司に衝撃を受け、
「追憶の夜想曲」は怒涛の大どんでん返しに唖然・・・。
「恩讐の鎮魂曲」は想像を絶する真相に驚愕!。

このシリーズは形容しがたいほど面白すぎる!!!
そして、先日第4作「悪徳の輪舞曲(ロンド)」が発売。

「追憶の夜想曲」で辣腕弁護士・御子柴の過去が暴かれた!
それでなくても、御子柴の悪辣な弁護方針は蛇蝎のごとく嫌われていた。
その上、信じがたい過去がプラスされれば、御子柴はもう弁護士として
法曹界では生きてゆけないほどのダメージ。

元恩師の弁護で彼を助けたい一心だった御子柴だったが、
結局恩師を助けることが出来なかった。
恩師の事件は、御子柴の心をかき乱した。・・・。

そして今回の依頼は、すでに絶縁した家族からの依頼。
御子柴の母親が、再婚した夫を自殺に見せかけて殺害した
容疑で逮捕されたから弁護してほしいと、妹が依頼してきた。

御子柴にとって、園部信一郎時代の家族など無いに等しい。
御子柴が本当の人間として目覚めたのは、14歳の時「死体配達人」
として世間を震撼させたあと、更生施設で恩師に出会ってからだ。
だから、母親の殺人事件などただの依頼人と弁護人との
関係だと妹に言い放った。妹は御子柴を忌み嫌っていた。
彼のせいで人生のすべてを奪われたからだ。
父は御子柴の事件に苦しみ自殺。母と妹は御子柴の家族だと
知れぬように秘かに生き、妹は婚約までしたのに結局婚約者に
ばれて破談になってしまった過去があった。

それでも依頼は依頼だ。御子柴は母親と接見。
母親は容疑を否認した。この女は本当の事を言っているのか?
御子柴の胸に小さな疑惑がわきあがったが、母親の過去と
再婚した夫の調査を開始する。

またもや、冒頭のシーンからありえない展開が待っている。
母親は本当に殺人犯なのか?と思っているところで‘これ’だ。
著者はどこまで読者を翻弄する気なのか?

御子柴VS母親、そこに絡む槙野検事。
圧倒的不利の状況で、御子柴は母を解放することが
出来るのか?それとも母も殺人者なのか?
30年ぶりに再会した肉親に激しく心乱される御子柴。
彼の人間らしい側面が垣間見られる本作も
信じがたいトリックと真相にノックアウトさせられる!!

『悪徳の輪舞曲(ロンド)』
著者:中山七里
出版社:講談社
価格:¥1,600(税別)

「アゲハ」の戦慄再び!『警視庁‘女性犯罪’捜査班 警部補・原麻希 蝶の帰還』

女性刑事が主人公の大人気警察小説シリーズ
「女性秘匿捜査官 原麻希」。
その続編とも言うべき新たなシリーズ
「警視庁‘女性犯罪’捜査班 警部補・原麻希」。
こちらも非常に面白い!!!
すでに4冊が発売中で、最新作は「蝶の帰還」です。

捜査のためなら、猪突猛進!
天才的刑事の感とキレッキレッの洞察力で
事件の本質を見抜く原麻希。
旦那は元公安刑事、15歳も年上ですでに退職。
しかし、今作はこの旦那が現役の公安刑事として
活躍した暗い過去も登場。妻には言えない秘密が
あった。

警視庁捜査一課の広田は娘の授業参観のあと、
下北沢で女性遺体が見つかったと連絡が入る。
急遽現場に駆け付けた広田は、そこが以前、
原麻希とともに巻き込まれた殺人事件の
現場だと気づく。
妙な胸騒ぎを感じる広田・・・・。
すると今度は広田の娘が何者かに誘拐されてしまう!!

すべてが8年前の「アゲハ」事件と酷似していると
気づく・・・。
アゲハの再来なのか・・・?

警視庁は広田の娘を誘拐した犯人が「アゲハ」で、
秘かに日本にもどっていたアゲハが再び国外逃亡を
企てていると推察する。さらに「FBI」施設への
テロを計画しているという疑いも出てきたため、
公開捜査に踏み切った。

一方、広田と麻希は別ルートでアゲハの行方を
追っていた。そしてついにアゲハの元に
辿り着く!
だが、そこには想像を絶する展開が待っていた!

アゲハこと、戸倉加奈子が再び登場。
8年前に逮捕されたあと彼女がどうなったのか?
麻希の夫、原則夫はどう関わったのか?
彼らの秘密が暴かれる。

すさまじい疾走感で怒涛の展開を見せる。
アゲハと麻希の対決。
2転3転する事件の真相。
その面白さはクライマックスまで止まらない!

シリーズ最高傑作!

『警視庁「女性犯罪」捜査班 警部補・原麻希 蝶の帰還 上下』
著者:吉川英梨
出版社:宝島社(文庫)
価格:上下各¥590(税別)

大友鉄‘最後’の事件!?『闇の叫び アナザーフェイス9』

「アナザーフェイス」シリーズは、堂場先生が描く警察小説シリーズ
の中で一番好きな作品です。
先月、最新作が発売。なんと!刑事総務課の大友鉄が臨む最後の事件!
「闇の叫び アナザーフェイス9」です。

このシリーズは、大友鉄が助っ人で事件の捜査を行う
過程と彼のプライベートな物語が並行して描かれ
毎回楽しみな作品です。
大友と息子・優斗との絆、息子の成長に日々とまどう
父としての姿にいつも胸がキュンとなってしまいます。

警視庁刑事総務課に所属する大友鉄は、元捜査一課の刑事。
妻を亡くし、息子を育てることになった大友は、定時に
帰ることのできる部署へ異動することになった。
しかし、彼の優れた捜査能力を買っている上層部は、
何かあると、大友に現場(強行犯系)の応援をさせていた。

しかし、今回は大友自らが事件の端緒をつかみ捜査に参加する。

ある日、息子のかつての同級生の母親から不穏な連絡が
入った。娘が通う中学の保護者が何者かに襲われたと言うものだ。
大友は半信半疑で母親の話を聞いたが、娘の語る話には信憑性があった。

そこで事件を担当した所轄へ出向いた。
3日前に美容院を経営している男性が自宅前で襲われた
とのことだった。
大友がその事件の調査を開始した頃、別の父兄も被害に
遭ったと知らせが入った。
大友は本格的に捜査に加わることになった。
しかし、捜査の過程で容疑者は二転三転する。

大友はこの捜査を通じて、人間の深い絶望と孤独、
そしてはかり知れない心の闇と向き合うことになる。

イクメン刑事が助っ人で臨む最後の事件。
犯人の心の闇と慟哭、そしてその動機とは何か?

大友の息子・優斗の成長がまぶしいです!

『闇の叫び アナザーフェイス9』
著者:堂場瞬一
出版社:文藝春秋(文庫)
価格:¥770(税別)

怒涛の最終章!「クランⅥ 警視庁内密命組織・最後の任務」

警察の闇である、警察閥とクランチームとの壮絶な闘いも
完結編に突入!

『クランⅥ 警視庁内密命組織・最後の任務』です。

首相の非常事態宣言により、「神」に踊らされている、
警察上層部から指揮権を奪ったクランチーム。
しかしどこまでその効力があるのかわからない。

能登令子率いる東園グループでは、クランチーム
を打ち崩すべく、さらなる計画が進められていた。

一方、晴山警部補たちが、警察閥の頂点であり黒幕の
「神」への足がかりを掴む中、命を狙われていた
足ヶ瀬巡査が忽然と姿を消してしまった。
彼は一体何者なのか?
岩沢刑事は、足ヶ瀬が育った養護施設の園長を訪ねた。
園長が語った足ヶ瀬の生い立ち・・・。
それは想像を絶するものだった。

誰が敵なのか味方なのか・・?
次第に疑心暗鬼にかられるクランチーム。
そして予測不能の裏切り。

「神」の名のもとに闘いを仕掛けた警察閥だったが、
それに立ち向かい、やがて一つになった警察官たちの
抵抗にあい次第に焦り始める警察閥。
最終兵器として暗躍させていた暗殺者が
とうとうその姿を彼らの前にさらした!
驚愕の暗殺者がクランチームに襲い掛かり、
怒涛の最終決戦が火蓋を切った!!!

「神」の正体とは?
本当に奇跡を起こせるのか?
数々の謎は暴かれるのか・・・・?

警察の威信をかけた闘いを描いた、シリーズ完結編!

『クランⅥ 警視庁内密命組織・最後の任務』
著者:沢村鐡
出版社:中央公論新社(文庫)
価格:¥680(税別)

`いじめ’という絶望を描く!「罪人が祈るとき」

「ジャッジメント」で衝撃デビューした、小林由香さん。
2作目の「罪人が祈るとき」を読みました。

社会問題になっている「いじめ」をテーマに絶望の
中を生きる少年と、息子を失った父親の苦しみに
焦点をあてた慟哭のミステリーです。

「十一月六日の呪い」・・・。
主人公の少年が通う学校で、この日に三年連続で
自殺者が出たため、そんな噂が広がっていた。
少年はほぼ毎日いじめにあっていた。
いじめの凄まじさに耐えきれなくなった少年は、
自分をいじめている相手を殺して、自分も
十一月六日に死ぬつもりで殺害計画を考えていた。

そんな時、公園でピエロに出会う。
謎のピエロ・・・。彼は殺害を手伝うと言う。

一方、いじめによる自殺で、息子を喪った
男性は、その後妻も喪い一家が崩壊した。
息子や自分、家族をどん底まで追いつめた
犯人を捜し始める・・・。

日本に巣食う病理は、大人だけでなく子どもたちをも蝕んでいる。
不条理の中で子どもたちの居場所はますます無くなっている。
この小説はそんな大人や子どもたちの慟哭を、
フィクションという手段で描くことによって、
強く訴えているのだと思う。
この現実から眼をそむけてはならない。

終盤の展開には思わず涙があふれてくる。

『罪人が祈るとき』
著者:小林由香
出版社:双葉社
価格:¥1,600(税別)

ロマンあふれるサスペンス小説の傑作!夏樹静子「第三の女」

夏樹静子さんの作品と言えばテレビの
2時間ドラマの原作に使用されることが
多かったように思います。

ドラマを視てしまうとどうしても原作から
遠のいてしまい、なかなか読む機会が
ありませんでしたが、たまたま「第三の女」の
POPを書くことがあり、読みたくなって先日
初めて読みました。

「第三の女」を読んでみて、あまりに面白かったので、
自分の中の夏樹静子観が変わってしまいました。

ある嵐の夜、パリ郊外のバルビゾンで
一組の男女が出会った。運命的なゆきずりの恋。

その時二人が暗黙の内に交わした約束。
それは動機なき殺人事件へと繋がってゆく。

事件は福岡で起こり、その後箱根で起こった。
それぞれの事件には目撃者がいたため、
それらしい人物をマークするのだが、
刑事たちも容疑者が絞り込めなかった・・・。

男の高まる恋心・・・・
女性の気高くも哀しい愛の心理・・・。
格調高いラブロマンスでありながら、
殺人計画というスリリングな展開、
息を呑むどんでん返しの連続は
迷宮に迷い込んだような感覚になる・・・。

「第三の女」とは一体誰なのか・・・?

夏樹さんの描く世界観は非常に格調が高く、
フランスのミステリー作品を読んでいるような
錯覚に陥りました。

夏樹作品、しばらく追いかけてみようかなと思います。

『第三の女』
著者:夏樹静子
出版社:集英社(文庫)
価格:¥533(税別)

警察の闇に焦点を充てた「朽ちないサクラ」

柚月裕子さんの文庫新刊「朽ちないサクラ」を
読みました。
「盤上の向日葵」が本屋大賞にノミネートされ、
物凄く注目されています。そんな時期の文庫化です。

近年、ニュース報道で耳にする警察の不祥事の数々。
なぜ起こるのか?警察の闇とは?

H県警でストーカーの被害者が殺害されるという
事件が起こった。
被害届の受理を先延ばしにしていた捜査員たちが、
その間慰安旅行に行ったとスクープを飛ばした地元新聞。
誰が情報を漏らしたのかと県警内部では疑心暗鬼に・・・。

警察事務職の中途採用で県警広報部に入った泉は、
地元新聞に入社した高校時代の親友に慰安旅行の件を
思わず漏らしてしまった・・・。

スクープは彼女が書いたのではと疑い、責めてしまったが
親友は絶対に違うと言った。
では、スクープを書いた人物は誰なのか?

そんなとき、親友が遺体で発見された。
泉は親友の言葉を信じ、事件の真相を明らかに
するため、警察学校の同期・磯川刑事に
秘かに協力を仰ぎ、独自に調査を開始するが・・・。

ストーカー殺人事件、警察の不祥事、親友の死・・・
それは事件の発端に過ぎなかった。
二人の捜査が核心に近づくにつれ、何者かが暗躍
し始めたのだ。

組織の闇を描いているが、謎解きの部分も申し分なく
描かれていて、トリックや謎の人物の設定など、
推理小説としても本当に面白い。

ヒロイン・泉が悲しみを乗り越えて到達した真実は
今まで信じていたものが崩れ去るような衝撃だ。
それでも前を向いて歩き出すヒロインの姿勢に感動する。

女性にもおススメの警察ミステリー。

『朽ちないサクラ』
著者:柚月裕子
出版社:徳間書店(文庫)
価格:¥680(税別)

探偵・槇野&女刑事・東條シリーズ最新刊『亡霊の柩』

大田市在住のミステリー作家、吉田恭教さんの
ミステリー小説、「可視る」「亡者は囁く」
「鬼を纏う女」「化身に哭く森」と順調に
シリーズを重ねる‘探偵・槇野&女刑事・東條’シリーズ。

昨年7月に上梓された「化身の哭く森」に続き、
シリーズ最新作が発売されました。
タイトルは「亡霊の柩」(南雲堂刊)です。

主に松江市・大田市という島根県民には嬉しい!地元が舞台の
ミステリー作品です。

鏡探偵事務所に養護施設の園長から人捜しの依頼が舞い込んだ。
男性の名前は「五十嵐靖男」。

槇野は早速行動開始。するとあっさりと判明する。
五十嵐は結婚して妻と二人で生活していたが、
今夏亡くなっていたのだ。その知らせを受け、五十嵐宅に
お悔みに行った園長だったが、なぜか五十嵐の妻に
罵声を浴びせられ門前払いをされてしまった。

園長から再度依頼を受けた槇野は、五十嵐失踪の理由と
死因を調べる過程で、想像も出来なかった事実にぶち当たる。
これ以上の調査は無理と判断した槇野は、警視庁捜査一課の
東條有紀に情報提供をしたのだった。

簡単な人捜しのはずが、とんでもない事件を
引き当ててしまった槇野。しかしその事件は
自身が警察を辞めることになった事件と繋がっていた!
槇野は自らの忌まわしい過去と決別するため、
何としてでも真相を暴く決意をする。

東京から、島根県大田市・松江市を舞台に
繰り広げられる、迷宮のように入り組んだ事件。
しかし、槇野と東條の信頼関係が生んだ捜査で
次第に事件の真相を解き明かしてゆく・・・・。

シリーズ最高傑作と言っても過言ではない面白さ。
混迷を極める不可思議な事件の解明にはまり、
ページを捲る手が止まらない!
一気読み必至の傑作ミステリー。

『亡霊の柩』
著者:吉田恭教
出版社:南雲堂
価格:¥1,700(税別)