中村彰彦先生サイン会

太閤秀吉の治世では中老に指名、家康には「天下静謐となりしは、ひとり堀尾殿の功と存ずる」と言わしめた堀尾吉晴の生涯を描いた『戦国はるかなれど』の著者・中村彰彦先生をお招きしてサイン会を行います。

■『戦国はるかなれど 堀尾吉晴の生涯』刊行記念
中村彰彦先生サイン会

■日時: 2015年11月28日(土)15:30~
■会場: 今井書店グループセンター店(松江市田和山町88)
■参加方法:
整理券をグループセンター店で配布しております。
『戦国はるかなれど 堀尾吉晴の生涯』(上・下)をお求めいただき、
整理券をお受取りの上ご参加下さい。
■注意事項: 上記書籍以外の色紙等へのサインはご遠慮ください。
■お問合せ: 今井書店グループセンター店 TEL 0852-20-8811


戦国はるかなれど

信長、秀吉、家康を支えた男を描くビルドゥングス・ロマン!

太閤秀吉の治世では中老に指名、家康には「天下静謐となりしは、ひとり堀尾殿の功と存ずる」と言わしめた堀尾吉晴。
勇敢かつ温和な人柄で人望も厚く、粘り強い交渉人として戦国の時代に上りつめていく。
尾張、美濃、浜松、そして出雲を治め、最後に築いた松江城が国宝となった今に、歴史に埋もれた名将の生涯に迫る大河巨編!

■戦国はるかなれど 堀尾吉晴の生涯 上・下
著者: 中村彰彦
出版社: 光文社
価格: 各¥1,800(税別)
ISBN: 上/9784334910617 下/9784334910624
発売日: 2015年11月19日入荷予定

◎中村彰彦(なかむら・あきひこ)さんプロフィール
1949年栃木県生まれ。東北大学在学中に「風船ガムの海」で文學界新人賞佳作入選。
’87年『明治新選組』でエンタテインメント小説大賞を受賞。
’93年『五左衛門坂の敵討』で中山義秀賞、’94年『二つの山河』で直木賞、
2005年『落花は枝に還らずとも』で新田次郎文学賞、
また15年には歴史時代作家クラブ賞実績功労賞を受賞。

nakamuraakihiko_poster

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る