『30代でちいさなカフェはじめました』刊行記念 岩上喜実さんインタビュー

これまで多くの本を出版されているイラストレーター岩上喜実さん。山陰に住みながらも日本だけでなく今や世界にファンがいらっしゃいます。
そんな岩上さんは、2年半前に念願のカフェをオープン。
そして今回、カフェオープンまでの道のりを1冊の本として出版なさいました。
タイトルはズバリ『30代でちいさなカフェはじめました』。岩上さんのカフェにお話を伺いに行ってきましたよ。
※今回のインタビューは、以前から岩上さんをよく知っていることもあり、私共の言葉遣いが幾分フランクです。掲載するにあたり、丁寧な口調に修正しようかとも思いましたが、その場の雰囲気をより感じていただけるようほぼそのままの口調で書き起こしいたしました。ご了承ください。

line

IMG_2929

|自分で世界が作れる!

【岩上喜実さんに20の質問】
Q1:今ハマっていることは?
岩上喜実(以下「岩」):笑いながら話したり踊ることです。楽しいから!
イマイブックス(以下「イ」):以前、今年の目標を聞いたけど・・・
岩:今年の目標は「ヘラヘラすること」(笑)

Q2:最近買ったものといえば?
岩:自分で描く黒い地球儀です。
イ:自分で地図を描くの?
岩:自分で世界が作れる!
イ:地球にひとつだけの地球ってことだね~
岩:そうそう!

Q3:大好物は?
岩:いちご大福です。
イ:あんこ党?
岩:あんこ党です~
イ:いい季節になりましたね、いちご大福。
岩:うん、今も食べたい(笑)

Q4:自分のお気に入りグッズは?
岩:お風呂でみれるテレビ。長湯です(笑)
イ:お店やってるとお風呂って遅い時間になるんじゃない?
岩:朝も入ります。ゆっくり。
イ:じゃ、朝ゆっくりお風呂に入って仕事のスイッチが入る感じ?
岩:入る入る。

Q5:3月真っ只中ですが、最近春を感じた出来事は?
岩:白いシャツを着たくなったことです。
イ:あ、自分もそうです。
岩:なんかね、白着たくなる。
イ:ノンカフェ(岩上さんのカフェの店名)のユニフォームも白だよね。
岩:そうそう。えへへ。
イ:そういえば、この前お会計した後にスタッフの人に「いってらっしゃい」って言われて感動した(笑)
岩:えー!?誰だろう?(笑)
イ:これ、最近あったいいこと!

IMG_3030

Q6:オフの日の楽しみ方は?
岩:書店に行って気になる本を買うことです。
イ:ありがとうございます(笑) どれくらいいるの?
岩:結構長くいる・・・2時間いて、いろんなの見て持てなくなって、(店内のどこかに)置いてまた次見る。ふふふ。

Q7:どうしても苦手なことは?
岩:大人数の飲み会やパーティは苦手です。4人以上になると名前覚えられない。飲み会は3,4人が限界かな~
イ:分かるような気がします。

Q8:今、いちばん行きたいところは?
岩:大きい書店があって、おいしいものが食べられるところ(笑)
イ:割りと手近なところ?
岩:いやいや、ドイツかもしれないし、東京かもしれないし
イ:まず、書店ありき?
岩:うん、食べ物も。紛争がなくて楽しいところなら海外でもOK

Q9:自分の好きなところは?
岩:忙しいとか時間がないとか言わないところ。
イ:耳が痛いなぁ~(笑)
岩:なんか、もったいない。言ったら。

Q10:自分の直したいところは?
岩:休みの日も仕事のことを考えるところがキライ。(笑)
イ:でも、そういう自分に気をつけようと思ってるところがいいところなんじゃない?
岩:そうかな?(笑)

IMG_2925

|女は愛嬌!?

Q11:子供の頃の夢は?
岩:本屋さんとか絵かきさん。常にね、変わらないよ!

Q12:じゃ、子供の頃の夢は実現できたけど、今の夢は?
岩:海外出版国を増やすことです。
イ:お!アジア制覇?
岩:ヨーロッパやアメリカも
イ:イラストって、すごいよね。言葉と違って国境を超えるよね。
岩:すごいラッキーだった

Q13:好きな言葉は?
岩:女は愛嬌!
イ:(笑)
岩:これずっと変わらず。なんとかなる(笑)

Q14:ストレスが溜まったときにすることは?
岩:たくさん泣いて、温泉に行くことです。
イ:デトックスだね。

Q15:最近嫌だったことは?
岩:知らない人に・・・ホントに知らない人なのに「幸せそうでいいね」って言われたこと。
えー!?って思った。
なんか、嫌そうに言われたから「いろいろありますよ(ニコ)」って言っておいた。

IMG_2942

Q16:1日だけ入れ替わるとしたら何と入れ替わる?
岩:すっごい考えた!
イ:なかなか普段こんなこと考えないもんね。
岩:鳥取県知事かクジラ
イ:え?(笑)じゃ、県知事の方から聞きましょうか?
岩:知事になったら好きなようにできるから、みんな1時間本を読めって言う。
入れ替われるのは1日だよね?
じゃ、あと、悪口言わないでって、今日1日。どんだけ楽しいか分かるから。
イ:なるほど。で、クジラは?
岩:クジラは、海につかってたいから
イ:ふたつがそれぞれ全然違うね。

Q17:ひとりぼっちの夜に聞きたい曲は?
岩:すごく最近はShe&Himの曲。カントリーが好きで聞いてる。
前はノラ・ジョーンズだったけど、これもいいなって。ちょっと昔っぽいけど。
イ:70年代な感じだよね。このお店で流してるBGMはどう決めてるの?
岩:前、書店に勤めていた時も売場の曲をセレクトしてて、あの時は落ち着く曲だったの。ステキな生活になれるみたいなイメージで。
それと同じ曲をカフェで流したら寝ちゃう人や、長時間滞在する人が出てきたりしたから、カフェの曲はちょっとリズムを変えたの。
アップテンポ・・・会話と同じテンポなものに変えたの。
イ:すごく考えられてるね。いつもここのBGMって気持ちいから気になってたんだよね。
岩:ノンバル(2号店。本の中にも出てきます)はまた違う曲。お酒がすすむように(笑)

Q18:尊敬している有名人は?
岩:藤子・F・不二雄さん。机で亡くなったって聞いてびっくりした。大好き。
イ:岩上さんの描く女の子が、時々ベレー帽被ってるのはオマージュ?
岩:あ、そういえばホントだ。
イ:無自覚?(笑)

Q19:自分にとって作品とは?
岩:頭のなかあったひとつの引き出しを形にしてる消化物みたいなものです。
消化物だからあんまり愛情がない。出てったものだから。
イ:みんなのものって感じ?
岩:うん、どんな風に書いた?って聞かれても困る。出てったものだから「知らん!」って(笑)
イ:これ、それを聞くインタビュー!
全員:(爆笑)

Q20:今、何に恋してますか?
岩:自分の思う自分の未来に、恋してます。
楽しくってしょうがない(笑)いい人生だよね~
イ:「楽しくってしょうがない」ってなかなか言えないよね
岩:来年どうなるんだろうってワクワクする!

IMG_2946

岩:わかった?わたしのことが(笑)

イ:こんな風に色んな質問に答えたことってこれまでにあった?

岩:昔1回あったかな。でも、今よりかっこつけてたから(笑)

イ:(笑)

岩:ぜんぜんかっこつけてた。おしゃれっぽいこと言ってた。

イ:いいこと言ってやろう、みたいな?

岩:言ってた言ってた!(笑)今、もうどうでもいいー。なんでもいい。(笑)

line

イ:さて、待望の新刊が出ましたけど、今回で何冊目?

岩:海外出版を合わせたら26冊目。

イ:すごい!どこの国で出てるの?

岩:シンガポール、タイ、台湾の台北、韓国、中国、インド。

IMG_3079

イ:アジア制覇したいね。今回の新刊は『30代でちいさなカフェはじめました』ってタイトルだけど

岩:このタイトルは、編集さんが決めたの

イ:え?岩上さん自身が決めたんじゃないんだ。

岩:何個か案を出したけど、ダメだった(笑)

イ:さっき少し聞いたら、岩上さん曰く“ビジネス書”と。開いてみてなるほど!って思いました。
ただ、こんなカラフルでサクサク読めるビジネス書ってあまりないよね(笑)

岩:そこがすごく狙いで、書店員さんがどの棚に置こうか困る本を作りたかった。
手にした時に、ビジネス書コーナーにも置きたいし、実用書コーナーにも置きたいしって。

イ:今、中高生とかが大人になったときの仕事について学んでるキャリア教育っていうのがあるんだけど、そういう子供たちにも読んでもらえるかもね。

岩:じゃ、『13歳のハローワーク』の隣にも(笑)

IMG_2990

イ:この本は、ホント、嘘偽りのない、まさに“ノン”フィクションストーリーだよね

岩:まさに

イ:自分がやってきたことをここまで赤裸々に書くってことはやりにくかった?やりやすかった?

岩:本を描く期間は約1ヶ月で出来たんだけど、嫌だったことほど早く描けた(笑)

イ:1ヶ月って早いよね?

岩:これまでの本は、いいところばっかりだったから、すごいかっこつけて頑張って描いてたけど、今回はもうぜんぜん!
パパパーって出来た。

イ:ビジネスとしての作業を振り返って描くから、1歩ひいた感じで描けたのかもね。

岩:うん、意外に。・・・でも描きながら涙が出た。泣きながら描いた(笑)

イ:そうなんだ。オープン準備、頑張ってたもんね。
お店のスタッフにはゲラ(校正段階の下刷り)を見せたりしたの?

岩:見せた見せた。イラストや写真で登場してるしね。喜んでた。

IMG_3044

イ:そもそも自分たちがやってたことがこんな風に形になるなんて、それはみんなすごく嬉しいんじゃないかな?
見てると、物件のこととか工事のこととか細かなところまで出てくるけど、当時の資料をもう1回見なおしたり大変だったんじゃない?

岩:ううん、それは全部ノートに書いてたから大丈夫だった。

イ:最後に、出来たばかりのこの新刊、誰に読んで欲しいですか?

岩:タイトルにあるような、30代でカフェを始めたいって思ってる人はきっと手にしてくれるだろうから、その人の相方とか一緒に仕事をする人に見てもらいたいな。男性の方にも読んで欲しいね~

イ:現実の厳しさもきちんと書いてあるもんね。
今日は、お話ありがとうございました。
また、食事しに来ますね!

IMG_3073

line

【岩上喜実プロフィール】
イラストレーター。
主な著書に『しあわせ冬時間の過ごしかた』『はじめよう!セスキ炭酸生活』などがある。
書籍や雑誌、カタログのイラストを手がけるなど、幅広く活躍。

line

30daicafe

著者: 岩上喜実
出版社: メディアファクトリー
価格: ¥1,200(税別)
ISBN: 9784040663661
発売日: 2014年3月

————-< ご注文 >————-

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

お電話番号 (必須)

ご住所 (必須)

書名
『30代でちいさなカフェはじめました』 岩上喜実 メディアファクトリー ¥1,200(税別) ISBN:9784040663661

数量

お受取りご希望店舗 (必須)

備考

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る