カテゴリー:山陰の本

  • 神々への美しき歌舞『山陰の神楽写真集』

    『山陰の神楽写真集』好評発売中です! 鳥取・島根県では伝統的に各地域で神楽が受け継がれており、 地域ごとに神楽の上演スタイルが違います。 13の土地で行われた神楽を、荘厳かつ迫力のある写真集にしたためました。 …
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 中国山地の山を抜け、陰陽結ぶ鉄の道 。『伯備線写真集』

    中国山地の山を抜け、陰陽結ぶ鉄の道 。 山陰鉄道シリーズ第7弾は『伯備線写真集』。 伯備線は、昭和3年に全線が開通し、同47年からは、山陽新幹線新大阪駅―岡山駅間の開業に伴った特急「やくも」の運行開始など、電化や改良…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 『ばんとう』松本薫が描く、教育狂人と呼ばれた男の苦難と感動の人間ドラマ

    教育狂人と呼ばれた太蔵の苦難と感動の人間ドラマ この物語は地方創生に向かう勇気と希望を与えるものになるだろう 鳥取県立鳥取中央育英高等学校は、平成29年秋に創立110周年を迎える。 創設者は豊田太蔵。 明治の…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 尼子氏を中心に地域と国家の対立に迫った、類書の少ない出雲の中世史『出雲の中世 地域と国家のはざま』

    尼子氏を中心に地域と国家の対立に迫った、類書の少ない出雲の中世史です。 著者は、古代出雲歴史博物館等に勤務され、山陰での知名度は高い方です。 出雲といえば古代のイメージが強いが、まぎれもなく「中世」という…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 山陰鉄道シリーズ第6弾『木次線写真集』

    神話の里、奥出雲を往来する、山吹色の天上線 。 JR木次線は、山陰本線宍道駅から、雲南市、奥出雲町を横断し、中国山地を越えて芸備線の備後落合に至る81.9kmの支線です。 平成10年(1998)には、トロッコ列車…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 【第3回島根本大賞 受賞】写真集『山陰絶景』

    第3回島根本大賞 受賞 山陰を知っているあなたにも 山陰を知らないあなたにも 全ての方へ絶景の贈り物です。 鳥取県、島根県の美しい絶景写真を掲載した写真集「山陰絶景」。 掲載写真の中には無人航空機ドロー…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 「出雲」発の人びとの移動の歴史を足で辿る『出雲を原郷とする人たち』

    「出雲」発の人びとの移動の歴史を足で辿る、異色の移住・文化史 出雲文化の広がりを知る 「出雲出身の著者が、全国にある出雲の名がついた地名、神社を訪ね歩き、なぜそこに出雲があるのかを、その土地の人びとからの取材、言…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 山陰鉄道シリーズ第5弾、『境線写真集』

    山陰鉄道シリーズ第5弾、『境線写真集』。 開通してから115年。山陰最古の鉄道路線・境線は今日も人々の日常を運びます。 境線は水木しげるロードで有名な境港と山陰有数の商業都市・米子を結ぶ、全長約17.9kmの路線です…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 鳥取県江府町を舞台に、戦乱の世を駆け抜けた一人の娘の物語『天の蛍 ー十七夜物語ー』

    鳥取県江府町を舞台に、戦乱の世を駆け抜けた一人の娘の物語。 時は戦国。山陰では尼子と毛利が覇を競っていた。 両親を失った少女・波留は妹と別れ、旅芸人一座で踊り子となる。 数年後、妹を迎えに月山へ帰郷すると彼女は…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 「ばたでん」の日常風景 『一畑電車写真集』

    神々の国に往年の車両が集う「ばたでん」の日常風景 「ばたでん」の愛称で知られる一畑電車は、島根県出雲市と松江市を結ぶ私鉄ローカル線です。 宍道湖沿いを走り、築地松がそびえる田園風景の中を駆け抜けるのは、元東京急行…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
ページ上部へ戻る