カテゴリー:ピックアップ!

  • 舞台は 島根県松江市。窪美澄『やめるときも、すこやかなるときも』

    舞台は 島根県松江市。 大切な人の死を忘れられない男と、恋の仕方を知らない女。 欠けた心を抱えたふたりが出会い、お互いを知らないまま、少しずつ歩み寄っていく道のり。 変化し続ける人生のなかで、他者と共に生きるこ…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 又吉直樹さん 最新作『劇場』 ご予約受付中

    又吉直樹さん 最新作『劇場』 ご予約受付中 『劇場』は、売れない劇作家・永田が主人公の恋愛小説。 ある日、原宿の雑踏で、女優を目指して上京した大学生の沙希と運命的に出会った主人公は、やがて恋人となった彼女の部屋で…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • “キミスイ”の住野よるさん最新刊『か「」く「」し「」ご「」と「』

    きっと誰もが持っている、自分だけの「かくしごと」。 『君の膵臓をたべたい』がベストセラー!『また、同じ夢を見ていた』『よるのばけもの』と続々人気作品を生んでいる住野よるさんの最新刊が発売されました。 分かっている…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 次の首都は、鳥取県。今井書店限定特典あり!『四十七大戦 1』

    次の首都は、鳥取県。 いまだかつて、「鳥取県」が主役を張るコミックがあったでしょうか!? 各所でひっそりと(!?)、しかし熱く熱く話題になっていた『四十七大戦 1』がいよいよコミックスとして発売です! …
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 小説すばる新人賞史上最年少受賞 青羽 悠『星に願いを、そして手を。』

    第29回 小説すばる新人賞」史上最年少受賞 中学生の頃、四人の親友を繋げていたのは「宇宙」への果て無き好奇心だった。 一度は離れ離れになった彼らは大人になり、大切な人の死をきっかけに再会するが──。 16歳の著者が…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 心の詩人・金子みすゞ 知られざる光と影、自殺の謎とは?松本侑子『みすゞと雅輔』

    「こだまでしょうか」、「私と小鳥と鈴と」、「大漁」、「明るい方へ」…… 心の詩人・金子みすゞ 知られざる光と影、自殺の謎とは? 実弟・上山雅輔(昭和の喜劇王・古川ロッパの脚本家)の膨大な日記を読み解き、みすゞの童謡と…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 芥川賞候補 加藤秀行 『キャピタル』

    スタイリッシュな文体で、世界の真実に触れる! 『シェア』に引き続き、今作『キャピタル』でも芥川賞候補となった加藤秀行さん。 今を生きる若い視線で<現実>を見つめるその加藤さんの文章は、洗練された文体と相まってより…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 【きゃらぐまホワイト】進撃の巨人 原作イラスト缶バッジ コレクションBOX

    山陰では今井書店でしか手に入らない、オリジナルキャラクターグッズシリーズ「きゃらぐまホワイト」。第3弾は、大人気コミック『進撃の巨人』オリジナルグッズですよ!ヽ(^o^)丿 ■進撃の巨人 原作イラスト缶バッジ コレクシ…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 直木賞受賞!恩田陸 『蜜蜂と遠雷』

    第156回直木賞受賞 | 2017年 本屋大賞ノミネート作品 俺はまだ、神に愛されているだろうか? ピアノコンクールを舞台に、人間の才能と運命、そして音楽を描き切った青春群像小説。 著者渾身、文句なしの最高傑作! …
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 芥川賞受賞 山下澄人『しんせかい』

    第156回芥川賞受賞 十代の終わり、遠く見知らぬ土地での、痛切でかけがえのない経験――。 19歳の山下スミトは演劇塾で学ぶため、船に乗って北を目指す。 辿り着いたその先は【谷】と呼ばれ、俳優や脚本家を目指す若者…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
ページ上部へ戻る